2015年1月29日木曜日

私たちにも、会いにきてください。

1週間前の23日にJリーグとJ's GOALのサイトが統合されるという発表があり、それを受けてご挨拶をTwitterに書き込んだら、かつてないほどのリツイートがあって、しかもドメサカさんのブログにまで取り上げられてしまいました(熊日さんに顔まで出てしまいましたし・笑)。九州J-PARKのたちあげに関しては好意的なコメントを書き込んでくださる方が多く、始めることにして良かったなと思っています(実際に意見を出し合う直前まで、個人的にはどちらかといえば難しいのではないかと思っていましたので)。同時に、九州J-PARKをどうにかして踏ん張って動かし、皆で成功させなければという思いも強くなってきています。

J's GOALのコンテンツとして蓄積された過去の記事や写真、寄せられたコメントなども新サイトがオープンすると閲覧できなくなるということで、ユーザーの皆さんも懐かしい写真を保存しにいったりされているようですけれど、やはり7年もやっていれば私としてもそれなりに愛着があり、複数の媒体からご依頼を受けている新シーズンに向けた選手名鑑の原稿作成や、イヤーブックに掲載する監督や社長のインタビュー原稿の仕事もあって慌ただしいなか、時折覗きに行って過去に撮った写真や書いた記事などを振り返ったりもしていました。

今回の件に関して我々に通知があったのは昨年の11月後半だったと記憶しています。
決まったことは動かしようがなく、それでも正式に発表があるまで、新しいサイトが立ち上がってクローズするまでは、J's GOALは今までと同じように見ることができたわけですが、通常、というか今までであればこの時期、各チームの新体制発表や始動のニュース、キャンプレポートや新戦力紹介といった原稿が毎日のようにアップされていたにも関わらず、今年は何も上がって来ないな…と不思議に思っておられた方も少なくないと思います。

我々としてはそういう状況は知っているわけですが、時々見に行っても現場のライターからの新しい情報がアップされていない状態を見て(クラブのオフィシャルリリース系のものは上がっていましたが)、何と言うんでしょうか、閉店間際のお店に立っているような、とても寂しい気持ちになりました。新しい商品(記事や写真)が入って来なくて、客足がだんだん遠のいて、うら寂しくなっていくような、あの感じ。切ないというか、あー、ここももうなくなるのかぁと。

あそこに蓄積されたものは単なる試合周りの情報ではなく、その時々のスタジアムの空気や、そこにいたたくさんの人たちの感情だったんだなと、あらためて思ったものです。そしてそこに関われたことの嬉しさも。

いろいろありました。

熊本のサポーターの皆さんには、あのサイトを盛り上げていただくのにも大変協力してもらいました。試合前の写真ではたくさんの人に声をかけさせてもらいましたし、笑わせてももらいましたし、泣かされたことも何度か。あとは藤本泉ちゃんを呼んだ時をはじめ、web voterという投票ものの企画の際には、クリック隊(笑)が大活躍でしたよね。


皆さんに愛されたファンサイトはクローズしてしまいますが、そこを支えてくださった熱は冷めないと思っています。

九州J-PARKは、J' s GOALに比べればクオリティや情報量は落ちてしまうかもしれません。記事は無料で見ていただけますが、広告を出稿いただくスポンサーがつかなければどこまでもつか、いつまで続けられるか、正直見えないところもあります。

先日、第152回直木賞を受賞した作家の西加奈子さんが新聞に寄稿したコラムに、「書店に行って、私たち(作家と編集者と書店員)に会いにきてください」という趣旨のことを書いておられましたが、私も同じような気持ちです。

我々に会いにきてください。そしてシェアして拡散していただけたらと思います。


ぜひともよろしくお願いします。

©J's GOAL  この写真、通算のアクセスランキング7位でした。誇らしい。

0 件のコメント:

コメントを投稿