2013年10月14日月曜日

天皇杯 vs 広島戦 所感。

簡単に振り返りを。

やっぱり広島は強かったです。
とは言え、じゃあ広島が100%の力を出していたかと言うと、そうは見えなかった。要は本気にさせることができなかったのではないかと。

0-2というスコア、2失点のいずれも、どうやっても防げなかったかというとそうではないように思えること、得点になりそうなチャンスを作れていた内容、そういうのをひっくるめると、たしかに善戦したと見ることもできるとは思います。でも実際には、やはり一朝一夕では埋まらない差がある。熊本がJ2で昇格争いをして、実際に上のカテゴリーに上がってから降格争いしないようなクラブになるには、そのあたりをしっかり埋めていかないといけないなと感じました。

もっとも、藤本主税選手が「もっとやれたんじゃないかと思う」と話していたように、熊本としても本来持っている力を100%出せたかと言うと否でして、しっかり発揮できていれば内容としてもう少し締まった展開に持ち込めたのではないかと考えると、やっぱり残念な感じはありますね。

失点は修正可能な種類のものだと思うのですが、簡単には埋まらないなと感じた差は以下のようなものでした。

まず技術。
ボールスキルの一つ一つで、止める時にも次のプレーを意図した角度や置き場所を考えることができているのかどうか。そしてキック自体のコントロールに関しても、しっかり転がせばチャンスにつながりそうな場面でふかしてしまうとか、強度が弱く、あるいは角度が悪くてひっかかるというシーンがいくつかあった。あとは受け手の動いている方向やスピードに合わせた配球ができているかという点に関しても、小さくない差を感じました。

そして動きの質。
前線でボールを受けるための動き、前の追い方に合わせた中盤のポジショニングや最終ラインの上げ下げ、このあたりも広島とはずいぶん差を感じた。もちろん、相手の方がボールを保持する時間が長く消耗させられた影響もあり、特に後半に入ってからはうまく連動できていませんでした。一方の広島は、佐藤、高萩、石原の3人でのギャップの作り方が秀逸。後ろでボールを動かしている間も、決してスプリントを繰り返しているわけではないにせよ、DFの視界から消えたかと思えばスッと現れたり、縦横斜めの動きを織り交ぜ、しかもそれが一本調子でなく緩急がある。この辺は広島に限ったことではないと思いますが、受けてからの工夫の前に、受ける前の工夫で既にDFに対してアクションを起こし、主導権を握っている。当然、これらの動き全てがチャンスになるわけではないし、誰かが落ちた時に誰かが出るというようなタイミングの共有については、ショートパスで組み立てていくことと同じようにある程度組合せをフィクスして熟成させなければ難しい。それでも反復することで相手DFを困惑させる効果は少なからずあるので、こういったところは深めていきたい。

あとは球際。
DFに限らず、たとえば佐藤寿人は、相手がJ2下位のチームでも、セカンドボールを拾って二次攻撃につなぐために身体を張る。そして、そういう働きに対して周りの選手もサポートしてる。ここは大きいなと思った。

失点がイージーな感じだった(寿人の2点めのバイシクルも、そのものはスーパーではなくて、その前の折り返し、前の前のクロスでどうにかできた)ために2点いかれたことに目がいきますが、選手たちも点を取って自信にしたかったという捉え方が多かったように、崩しはもちろん、背後とかサイドをシンプルに狙う大きな展開との組合せや使い分けも含め、攻撃のクオリティを(守備もですけれど)高めていくことは継続的な課題だと思います(その点、原田選手がいない影響もあったかと)。仕掛けと加速については、仲間、堀米が入って活性化したのは光明でした。

ともあれ、残り6試合、今日の感覚をキープしつつ、もっとアグレッシブにアクションを起こしていければ、上位陣ともいいゲームができるのではないかと思います。