2013年6月17日月曜日

本城の悲劇

先週土曜の北九州戦はひどい結果になりました。

0-7というスコアを目にする機会はなかなかないですが、僕の身近なところで起きたのは2回めです。

1回めは16歳、高校2年の時。自分は諸事情によりその直前というか、出場が決まる前の県大会準決勝の前日付けで退部してしまっていましたので現場にはいなかったのだけれど、1987年の第66回全国高校サッカー選手権大会に先発11人中10人が1年生(あと1人も2年)という構成で臨んだ我が母校の大津高校が、1回戦の古河一(茨城)戦でこのスコアを記録しました。もちろん負け。

score.png
▲大津も昔は強豪ではなかったんですよ。他県の代表校も今とは随分顔ぶれが違いますな


まぁこの時の大津は初出場で、前述の通りメンバーはほとんど1年生、相手の主力はほぼ3年生ということで、技術も体格も体力も大きな差があったことは明らかなわけで、0-7というのも仕方ない部分はある。ちなみに翌年も出場しましてやはり1回戦で日大山形に1-1からのPK負け、集大成となるその次の年は県の決勝で熊農に負けてしまうという展開になり、大津が選手権で初めて勝つまでには数年かかることになるわけですが。

しかし土曜の試合では体格も技術も体力もそんなに差があったとは思えないです。戦術的にはいくらか違いがあったにしても、それだけであんな点差にはならない。普通は。
途中から腹立ってきて、正直帰りたくもなったわけですが、逆に「とことんやられてしまえ」とも思った。その点、最後まで全く手を緩めずにやってくれた北九州の選手たちには感謝の気持ちもある。

精神的な問題も度外視できないし実際に要因としても決して小さくはないと思うのだけれど、そこは目に見えない部分であって、修正するのも、外から見て修正できたかどうかを検討するもの非常に難しい。ですが、具体的なところでも時間が経つに連れてどんどんひどくなっていった印象があります。

点を取りにいくにしても無闇に前にかかれば後ろはガラ空きになるのは必然で、ボールを取られた後の切り替えが遅ければその瞬間に相手にアドバンテージが生まれ、寄せも緩ければ好きに運ばれてかわされ、カバーもなければ最後はどフリーで撃たれる。失点場面のみ帰って見直したけれど、ほとんどそういう状態だった。最後の局面だけみると「なんでそこフリーにしとんねん」となるわけですが、その1つ前、2つ前、3つ前とたどっていけば、どうにか止めたり遅らせたりできる場面はあるはずで、要はそれを全く防げなかったということが言える。

うろ覚えだったのでネットで調べてみましたが、労働災害とか大きな事故等があると「1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在する」というハインリッヒの法則というのを時々見聞きします。

実際にはそこまでないにしても、サッカーのゲームにおいては「1つの失点の背後には3つの軽微なミスがあり、その背景には10の異常が存在する」くらいの比率でなら成り立つかもしれん。7点行かれちゃってるということは、少なくとも21くらいはミスがあったと考えてもおかしくないし、逆に言うとそのうちのどこか1つでも止めることができていれば、あそこまでの惨事にはならなかったんじゃないかということも考えられる。

個人個人の判断とかフィジカル、スキルのまずさもあったとは思いますが、あれほどまでになるともはやそこだけの問題じゃないわけで、しっかり見直して次に臨んで欲しいと思います。

ちょっと話が逸れますが、三谷幸喜さんの「ラジオの時間」という映画で、鈴木京香演じる主婦の方が書いたラジオドラマの脚本が演者の都合でどんどん勝手に書き換えられていくんですけれど、それを受けて鈴木京香が「こんなのもう私の作品じゃないので名前外してください」と要求する場面があります。
これに対して、プロデューサー役の西村雅彦がこう返す。

「自分だって名前を外したい時はある。満足いくものなんて、そう作れるもんじゃない。だけど、いつか満足いくものを作ろうと努力しているんだ。これもアンタの作品だ、悪いが名前は入れさせてもらう」
要は、どんな出来でもそれを作った者としての責任があるというわけで。
自分なんかもそうですわ。書いた原稿、撮った写真、編集を担当した企画や本、100%満足したことなんてほとんどない。でも次はもっといいのを、と思って続けるしかない。


あんなゲーム、実際にやってた選手も早く忘れたいだろうと思う。
でも忘れてはイカンとも思う。
次はもっと、いいゲームを。


ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD]ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD]
(2005/12/23)
唐沢寿明、鈴木京香 他

商品詳細を見る

2013年6月3日月曜日

1だけだけど。

1日の福岡戦は大変なゲームになりました。

実は試合前、福岡側のライターさんおよび実況の南鉄平さん、解説の吉村寿洋さんなどとお話しする時間があり、そのタイミングでメンバー表が出てきたので目を通していたところ、主審が若くて今までの試合数が少ないということがちょっとだけ話題になった。EG福岡担当の杉山氏(※茂樹さんではない)は「またプシュニクが怒るよ」などと冗談めかして言ってたのだけど、本当にそういうことになってしまいました。

ジャッジについてはちょっと後ほど触れるとして、なかなかこういうゲームを直に見る機会は無いので、記録という意味も含めて自分なりの視点で簡単に試合自体を振り返っておくことにします。

熊本側も予想していた通り、開始直後から福岡はかなり激しくアプローチをかけてきた。熊本としてはワンタッチで外しながら間につけたり、3分の28→17など押し上げてるラインの裏を狙ったシンプルなフィードを使うという意識は、うまくプレーに出せていたと感じました。

ただ、計算できない要素が雨によるピッチ状態の変化。試合前に見た印象より、試合が始まってからも強く雨が振った影響でピッチがかなりスリッピーで、なかなか足元にしっかり収まらずにボールが伸びるという現象が起きます。同時に、アプローチにきている福岡の選手も、通常のドライな状態なら踏ん張ってストップのきく場面で止まれず、身体がぶつかっちゃうというケースがもしかしたらあったかもしれない。そういうのも雨のゲームがやや荒れてしまう要因ではありますね。

福岡の方はサイドへ開いてクロス、というイメージを徹底していて熊本はSBがなかなか前に絡めなかったなかでも、中央で38と8が縦を切り、また30、28が絞り気味に入って来て相手アンカーのサイドで受けて裏へポンと出す、みたいな形を何度か作り、20分あたりから徐々にペースを握っていきます。

特に1stバウンドが伸びることをインプットしたうえで、ピッチ状況に順応していたのが28。伸びないように下からの回転をかけ、ロブ系の高いボールを意図的に蹴っていたように見えました。
25分に左からいい形で7→30スルー→28と揺さぶってフィニッシュまで行くんだけどGKがセーブ。27分にもFKから28→5→17とチャンス作るが決まらず。序盤を耐えていい流れを作っていた時間だったからこそ先制点を取っておきたかったし、相手にはいい形をほとんど作らせていなかったからこそ30分のミスによる失点が効いた。もったいなかった。とは言っても、やはり雨の影響もあって中距離のパスがアングルや距離の悪さでひっかかったりする場面は何度かあったので、まずはセーフティを優先的にチョイスしなくてはいけない状況を考えれば、あの場面ではたとえ声がかかっていたにしても切っておく方がリスクは小さかったのではないかという気もします。

でも前半の調子なら、30のところは警戒されて潰しに来られていたとは言ってもじゅうぶんチャンスを作れる雰囲気はあった。ところが相手18西田選手の2枚めの警告=で様相が一変してしまうことになります(現地ではその瞬間を見逃し、帰って見直しては見たけど、自分としてはカードに値するファウルには思えなかったんだけど)。

リードしている福岡としてはやることは明確になり、つまりサッカーが変わる。熊本側からすると、プレスは前半よりもゆるくなるのでボールは保持できるわけですが、引かれてスペースがなくなり、プレスに来られていた前半以上に判断を早くしないと崩せないばかりか、ヘタに打ち込むとかっさらわれてカウンターという最悪の事態にもなりうる。その辺の微妙なバランスが、ボールは持ててるのにフィニッシュに持ち込めないという状況を作っていく。

それでも68分24→11→28左足はポスト左、73分17→30ドリ→9、75分38→30とチャンスは作るんですが決まらず。そして80分、相手GK水谷選手が負傷、約6分の中断で城後選手がGKとなり、相手は9人になってしまうわけです。

残り時間少ない/相手は9人/しかもGKは本職じゃない/状況は追う展開
となれば、私も実際にぶつぶつ言いながら思っていたのは、城後選手のポジションがやや前に出ている感じだったので「もっとシンプルに打て」ってこと。自陣からでも、GKでも、とにかく打て!と。跳ね返されてもセカンドを取って打ち続ければ、残り5分+AT9分=約15分あれば取れるやろ、と。
しかしピッチではどうも違った。

時間は減ってく。安易なボールロストは攻撃時間のロスト。中へ入れても固められてる。大事に、しっかりつないで動かしてクロス。こぼれをミドル。
あとで聞いたところによれば、そういう風にまとまっていたようでした。

どっちが得点の確率が高まるのかは…、分からないです。見てる方は、バカスカ打ってくれた方が興奮するし入りそうな気がする。でも実際には、5%のチャンスを10回作るよりも50%のチャンスを1回作る方が、そして1回なら、その確率を50%より60、70、80%と高めていく方が賢明ですもんね。

その点では、熊本の選手たちの意思は統一されていたと話しています。そしてなんとか1点、文字通りもぎ取った。もちろんもっと急いでいたら2点めが取れていた「かも」しれないけど、そううまくもいかない。これで勝ってしまうより、内容は良くても最後の1発に泣いた愛媛戦みたく、「失点まずかったから今日の勝点は1だけな」と言われているようでもあります。
個人的には「勝たなきゃいけなかった」「負けなくてよかった」両方の感情を持っているけれど、どちらかと言えば「負けなくて良かった」という気持ちの方が強い試合。それにしてもホント、城後選手のGKはすばらしかった。


さて。
ジャッジなのですが、おそらく競技規則の適用においては「吹かれるべき所で吹かれず」「吹かれなくていいところで吹かれた」「リスタートの方向(どちらがファウルを受けたのか)が違う」という場面が双方に何度ずつか見られ、その点は皮肉にも大きな偏りはなかったのではと思ってはいます。ただ、カード提示の基準が浅く、乱発し過ぎだったことは確かでしょうね。調べてみればJFLでも平均的に4、5枚は出してしまう方だったようですが、そういうゲームを何試合も続けている時点で、うまくコントロールするという資質に欠けているんではないかと思うのだけど。

自分もかつて、そこそこのカテゴリで旗振っていた時期にいろんなレフリーの方と組みましたが、選手と積極的にコミュニケーションをとってゲームを円滑にすすめ、「一緒にサッカーを作ろう」というスタンスの方だと、多少ジャッジのミスがあってもそんなに食って掛かられるよなことはなかった。

逆に、競技規則の適用に厳格で解釈に柔軟性がなく、笛やカードで反則を「罰する」というノリの方は、あんまりいませんでしたけど組むのがいやだったし、いろいろと「起きて」たように思います。県リーグで笛吹いてそうなってしまったことが2回ほどあるけど、やっぱりプレーヤーに何か不満が出るってことは、細かい部分での見落としや判定のミス、ことばや表情を使ったコミュニケーションによる相互理解の不足などなど、齟齬が積み重なっているからなわけであり、その時点で結局技能が足りてないってことになりはしないのか。


ともあれいろんなことがあった福岡との試合でした。
後期はいい条件で力をぶつけ合って欲しいものです。
その前に今週末迎える京都戦の主審が大丈夫やろか。


写真2
▲よかスタジアム