2013年3月30日土曜日

グッバイ、AVANTI.

「ひとつだけ、私と約束してください。
今日、これから行くお店を、むやみに人に紹介しないって。
よろしいですか? では、まいりましょう」

そんなフレーズで始まる(もっともこれは初期OPなので最近は変わってましたが)
毎週土曜17:00からのTFM『SUNTORY Saturday waiting Bar AVANTI』が今日で終わってしまった。

東京は元麻布、仙台坂を少し上がった辺りにあるイタリアンレストラン・AVANTIの、ウェイティングバーを舞台に繰り広げられる東京イチの日常会話=各界の著名人やクリエイターがグラスを傾けながらテーマに沿ったトーク=を展開する、という設定でしたが、学生の頃に初めて耳にした時は衝撃でしたよね。

番組が始まったのは92年4月とのことなので通し21年ですか。
初めて聞いたのは沖縄にいた頃だったので、ホントに初期だったんだと思う。
ちなみに沖縄で聞いていた頃は18時から始まってたように記憶してます。

もちろんラジオの番組として、きっちり作り込まれているわけなので当然といえば当然なんだけども、グラスと氷が触れ合う音、クラシックジャズのBGM、別のテーブルから聞こえてくる(ふうの)他のお客さんの話し声、そしてメインコンテンツになっている、ただちに暮らしの役に立つわけじゃないんだけども、情報として知ってたら大人として得するなっていうか、それこそ「へぇ〜」っと思えるようなコニサーたちのトークは、臨場感に満ちて週末の高揚感を高めてくれてたし、飲んでもないのに本当にそこにいるような気にさせてくれる演出は、ビンボーだけど時間がある学生にとってはローコストで上質なエンタテイメントだった。我慢できずに開けたのがやっすい泡盛でも、洒落た雰囲気にほんの1時間でも浸れた。

そしてなにより、“上品に” “粋に” “会話とともに” “空間そのものを楽しみながら”日常的にお酒をたしなむことの価値と、そしてBarという空間への憧れを膨らませてくれました。
まぁ、そういう飲み方が身に付いたかどうかは別なんだけども。

大学を卒業して地元に帰ってきて、タウン誌の編集をはじめた頃になると、企画作りの見本として、あるいはネタ探し的な視点というか、聞き方が加わったりもする。もちろんラジオ番組だと分かってはいる。でも実際にあるんじゃないかと信じて疑わず、TOKYO FM出版から出たカクテルブックも初版で購入し(かといってカクテルに詳しくはなっていないのですけど)、東京出張の機会があれば店を探そうと本気で思う。
とにかく公私ともに憧れる存在の番組であり、店でした。

だんだんと暮らしのリズムが変わってくると、毎週きっちり聞くのは難しくなるわけですけども、それでも土曜17時にラジオが聞ける環境にあれば、必ずチューニングを合わせる、そんな希少なプログラムでしたよね。何せ21年と言えば(実質は違うけど)僕の人生の半分だからね。

二代目バーテンダーのスタンさんがアメリカに帰る、という話が出た時に「まさか」とは思ったのですけど、残念ながらTFMからも公式にリリースが出て本日を持って番組は終了。でもこれに合わせて東京ではパブリック・ビューイングならぬ「パブリック・リスニング」がイベントと合わせて開催されて多くの人が集まって賑わったり、そこに参加できないファンは番組を聞きながらツイッターで呟き「#AVANTI」のハッシュタグをつけたツイートのタイムラインが滝のように流れたりと、すごくたくさんの人に支持され愛された番組であり店だったのだと、あらためて思ったのでした。

avanti.png

▲番組は終わっても店は閉まらない(という設定)らしいので、いつか行きたいのう
じゃぁ、わたしはこれで。

行ってらっしゃいマセ。



AVANTI COCKTAIL BOOKAVANTI COCKTAIL BOOK
(1997/03)
不明

商品詳細を見る

2013年3月29日金曜日

さくら

満開のタイミングは過ぎたかと思いますが見頃です。
不思議なもので、若いうちは桜の花に魅かれることってあまりなかったのだけど、
年齢を重ねるごとにその美しさに見とれるようになってきました。

会社員時代、開門から急な坂道をダッシュしてとにかく天守閣下のいい場所を取る、という新人時代のミッションから始まり、勤務していて11年間もとりあえず飲むことが優先で、花なんてちっとも気にして見ていませんでした(まぁ、夜ですからじっくり花を愛でようにもよくは見えないんだけども)。

しかし35歳で会社を辞めまして、そういう団体での夜のお花見の機会は招かれる場合を除けばほとんどなくて、逆に開き始めた花がいつまでもつか、いつなら家族で弁当もってどっか行けるか、なんてことを考えるようになる。そんで、携帯で撮ったりコンデジ取り出して撮ったり、まぁとにかく撮るわけです。

名所と言われる場所に出向くのもいいんだけど、たとえばいつも近くを通る民家の庭先にすごく立派な樹があったりすることに、花が開いてはじめて気づいたりもします。

で、花が散り始めると夏が来て、半年間くらい熊本は暑いんですけど、それが過ぎれば昭が来て冬が来て、また春が来て、1年もあっという間なんですけど、また桜の時期が来るんですね。

竹内まりやの「人生の扉」という曲に、
「満開の桜や色づく山の紅葉を
この先いったい何度
見ることになるだろう」
というフレーズがあるんだけど、
まさしくそういう心境であります。

時間は止まらないんだよね。

たくさん撮ったので、選りすぐりを何枚か。

IMG_0492.jpg

IMG_0511.jpg

IMG_0576.jpg

IMG_0571.jpg

2013年3月21日木曜日

松本で

今年の初勝利を見届けてきました。
青春18きっぷで…。昨日もガンバ戦も惜しかったねぇ。勝てた内容だったし実際に押してた。

それにしてもあの悪天候にも関わらず11,874人と今季の動員記録更新するとは、さすがガンバ(違)
いや、それでもいいんです。
前節松本に勝った効果も少なからずあったろうし、昨日の展開なら、初めて見に来た方の中にも「次も見に来よう」と思った方もいたんじゃないだろうか。

何ごとも継続ですな。

さて松本ですが、いろいろありますが、まぁあのスタジアムの雰囲気は独特でした。

鳥栖とも大分とも福岡とも違うし、なんていうかな、規模的には日立台をもうひとまわり大きくしたような感じでしょうか。雰囲気はもう少しピリッとした空気なんですけど、ホームチームを押すエネルギーみたいなものは、なんとなく柏に近い気がした(まぁ、他あんまり行ってないんで、もっと近いところはあるのかもしれないですけど)。

スタ的には、大津のメインの1.5倍くらいのスタンドがゴール裏に付いてる感じ。そこが緑で埋まってました。ゴール裏だけで2500とか入ってるんじゃないか。
試合前、K日のU山さんと「この雰囲気の中で勝ったら気持ちいいでしょうねぇ」って話をした。
行くって決めたのはもっと前だったんだけど、千葉戦終わった後から、なんか勝てそうな気はしていたんですよね。
まぁ、最後に1点失い、ちょっとジャッジのところでもスッキリしない終わり方だったんで後味は悪かったんだけど、交通手段は別として行って良かったなと思う。

某所で旅レポ書く予定だったんですが現時点で保留になってて、別のコンテンツに回すか検討中です。

とりあえず写真だけでも。

IMG_0315.jpg
▲18きっぷなので各停か快速なんだけど中央本線は各停なので

IMG_0327.jpg
▲ときどきこうやって特急「しなの」に追い越される(今回は名古屋経由)

IMG_0363.jpg
▲松本はきれいな街。西側に雪山をたたえた松本城もあるし

IMG_0375.jpg
▲信州そばもうまい

IMG_0393.jpg
▲んで、アルウィンはこんな感じ。風が冷たくて好天だけど寒かった。でも勝ったけんね

2013年3月11日月曜日

始まったのだが。

2013年のJリーグが始まりました。
熊本はホームでの連戦で連敗して2節終わって21位と今までにないきつい状況でのスタートとなってますね。

鳥取、千葉とも守備の問題が露呈して崩されたというか崩れた印象で、時間が経って振り返ってみればどちらも「もったいない」負けだと強く感じます。紙一重なんだよな。
やはり初戦で負けたことは(誰も口では言わないにしても)小さくない影響があるでしょうし、もしかしたらほんとにこれでいいんだろうかっていう感覚があるかもしれないんだけど、ここで目先の結果のためにあたふたして方向転換してしまうとそれこそ修復が効かなくなってしまうので、もう一回今季スタートしたところに立ち返って、それを実際に芝の上で表現するために何が必要か、1節2節でできなかったのはなぜか、どう調整して修正するか、というところをチームの中で共有しなくてはいけないかと思います。

結果論だけど仮に連勝していたらそういう部分に気づかなかった可能性もあるし、起きてしまったことは認めて、早く見つかったことをプラスに捉え、次に向かってやっていくだけです。

個人的に思うことは、守備んところでこの2試合、積極性と連動を欠いてる印象。ボールに行くにしても、勢い良く行って簡単にかわされては意味がないわけなので、何のために行くのかをはっきりさせないといけないですね。取るという狙いで行くのであれば、人数をかけても取りきらないといけない。その辺が共有できてないせいで、きれいに外されてる場面が多い。

攻撃はいい形で運べてはいる。ただ真ん中でまだポイントができてない。これは守備とも関係しているので、攻撃をもっとスムーズにするためにも守備をもう一段アグレッシブにしないといけないと感じます。崩しに関しては、そこができて回数が増えれば確率と精度の両方が上がっていくと思う。

19/まだまだ。だけどよくなってる。
30/いい。もう少し。
2人とも落ち着いていいとこで落ち着いてメリハリを効かせれば仕掛けはもっと生きる。

信じて見ていきます。

IMG_0262.jpg
▲昨夜。敗戦のあとで。ここでの歓喜の瞬間は20日に持ち越し