2012年9月2日日曜日

天皇杯

仕事ではなく(仕事的な一面もあるのですが)
見に行ってきた1回戦。

熊本県代表の大津高校はJFLシードのV・ファーレン長崎と対戦。大津高には鹿島入りが内定しているDF植田、FW豊川などがいましたが、いかんせん、地力に差があり過ぎた。
長崎には元熊本の選手が多数いて、河端、山本、岡村、中山が先発。
立ち上がりからペースを握って高校生を押し込み、10分までにCKから2度の決定機を迎えるも決まらず。


それでも熊本時代には感じなかった岡村君のゲームメイクぶりが秀逸で、中盤でボールを奪っては長短のパスで左右へ展開し、タメを作って落ち着かせたかと思えばしかける所は自分で仕掛け、サイドのスペースを追い越す選手が目に入れば門を通して走らせたりと、
「こいつこんなに上手かったっけ?」と感じるほど、長崎の中心になってました。

最終的には前後半に1点ずつ挙げた長崎が2-0で勝って2回戦にコマを進めましたが、
中身的にはほぼ圧倒していた感じ。


大津高はちょっと夏場の疲れがあったのか、それともやっぱり身体のできている準プロ相手ってことで躊躇した部分もあったのか、出足のとこでも後手を踏んでいたため守備もルーズ。植田君のカバーやフィードはさすがだったけど、攻撃面では全くいいところ出せなかった。

相手が違うので分かりませんしこれから変化もあろうけど、まぁこの状態だと選手権もそう簡単ではなかろうと。

しかし一方の長崎も内容から見れば4、5点取ってないとおかしい展開だったし、
2回戦はJのチームが相手になるので押し込まれる時間が長くなると考えれば、
最後の精度は大きな課題になるでしょうかね。


2回戦、熊本は岐阜と当たり、勝てばおそらく3回戦の相手は仙台。
行きたいが…、微妙だ。

その2回戦、今日行われる1回戦で讃岐が佐賀大に勝つと、
9日(日)にベアスタで鳥栖と当たる。

こっちは見に行こうかと思ってますが、
申請してなかったなぁ。

飛び込みで行けるかな。


では、北九州へ行って参ります。