2012年3月16日金曜日

最後のドライブ。

いつも通りに降りて、いつも通りにすたすたと、彼女は歩いて行った。
長女が明日、幼稚園の卒園式を迎えます。
保護者も多数来るためか、卒園式は幼稚園ではなく、別の施設を借りて行われる。
つまり、今日は最後の登園日でした。
必然的に、朝の送りも今日が最後。

「今日で終わりかぁ」と感慨に耽る父親とは全く対照的に、
彼女は普通に、車を降りて行ったのでした。

登園を車で送り始めたのは、入園した4年前のこと。
2人で家を出て、手をつないで駐車場まで行き、車に乗せて園に着いて彼女が降りるまで。
時間にすれば15分ほどですが、小学校に入るとその時間がまるまるなくなってしまうことを考えれば、やはり僕と娘にとっては貴重な、朝のデートの時間でした。

初期の頃は挨拶の練習したり、「今日の天気は何かな?」なんて問いかけたり。
大きくなってからは「今日は何して遊ぶの?」とか「給食残さずに食べなんよ」とか、
時には「ママの言うことはちゃんと聞かないと」って小言を言ったり。
支度が遅くて母親に叱られ、まともに朝ご飯食べられないまま泣きながら出て来た時は、途中のコンビニでパンと牛乳を買って車の中で食べさせたりもした。
毎日決まった時間に帰れるわけではない僕にとっては、できればちょっと遠回りして、時間をかけてドライブしたいような、コミュニケーションの時間でもあったかな。
その半分くらい、というかほとんどは、なぞなぞやらクイズやら、他愛ない会話にすぎなかったんですけどね。

今月に入ってからの主題はほとんど卒園と小学校入学に関するもので、残り少なくなっていく送り時間をできるだけ濃いものにしたいという僕の思惑通りには全くいかなかったんだけど、それでも彼女が、楽しい時間だったなと、時間が経って思ってくれたらそれでいいのかもしれない。


入園した当初は、正門から少し離れた駐車場に車を止め、30mほど歩いて門まで送り、そこで先生に引き渡していました。
その当時に生まれた儀式があります。

ハイタッチ。

何だろ。どういう意図でやり始めたかは忘れてしまった。でも、僕がかがんで手を上げると、彼女も「パチン!」とたたいて、意を決して踵を返し、園内に歩いて行く。
その数秒間に、
「今日も元気に行ってこい!」「いってきます!」
っていうやりとりがあったんだよね。

不思議なもので、全くと言っていほど「行きたくない」とこぼした日がないんです。
そして「パチン!」をやって歩き始めると、振り返らないんだ。

去年からだったか、送りの保護者の車の動線が変わって、子どもだけ下ろすような仕組みに変わり、正門まで一緒に歩いての「パチン!」はできなくなりましたが、それでも降りてドアを閉める前には「パチン」とやります。うちのこの儀式を見慣れている先生は、手を叩くのを待っててくれたりするんだけど、中には全く知らない先生も当然ながらいて、降りるや否やドアを閉められたりすることもあって、「パチン」できなかった日は調子が狂ったりもしたんですが。

最後の登園日となった今日も、無事に「パチン」して送り出すことができました。

明日の朝も「おとうさん、そつえんしきで泣かないでよ~」なんて言われるんだろう。
いや、たぶん泣かないけどさ(笑)

年を重ねていけば、そのうち話もしてくれなくなる時期もくるんだろうなと思うんだけど。
できればね。
口で言わなくても、「いってきます」の「パチン」はさ、
ずっとやってほしいな、と思うんですよね。

むりかな(笑)


去年も行くつもりだったけど震災で延期になって結局行けなかった京都、
今年は行きたかったんだけど。
そんなわけなんでTV観戦となります。

2012年3月12日月曜日

初。

地元開幕戦は鳥取に逆転勝ち。
前半はどうなることかと思いましたが、後半にきっちり修正してきた。時間帯としては後半始まったばかりで、相手の方にリードしているという精神的な弛みもあったのかもしれませんが、立ち上がりはやられているわけでね、逆にうまく隙をつけたなと思います。そしてやっぱり大きかったのは2点目でした。

いくつかの要因が全部うまく噛み合って得点につながっています。
1、タケがアプローチをかける判断と寄せのスピード
2、それに連動したクンシクのポジション調整
3、柳楽のコントロールミス
4、タケの粘りと横に流す判断
5、鳥取の対応(クンシクに3枚行ってる)
6、藤本のスペースへの走り込み
7、クンシクの落ち着いた判断と正確なパス
8、藤本のコントロール
9、フィニッシュの技術

こんだけ重なれば得点になるわな。

帰ってから映像見直したんですけど、1点目に関してもクンシクのポジションによって鳥取のバックラインがオフサイドを疑ったようで一瞬対応が遅れていますし、武富のボールの運びに対してGK小針のポジショニングが若干ファーを開けてしまってる。もちろんきっちり突き刺したタケのシュート技術も素晴らしかったですが、その前の受ける段階で、養父が持った時に少しだけプルアウェイの動きを入れてDFを開かせた後にスピード上げてダイアゴナルに入って来てる。
このあたりのタイミングの共有しかり、2点目のコンビネーションについても、取り組んでいることが徐々に出ているという印象はあります。90分間でどれだけ回数を増やせるかがポイントですが、昨日の試合では1戦目よりもそういったコンビネーションでえぐれるところまで持って行く回数は増えていたと思います。

あとは守備ですね。

3バックに関してはまだ3枚の距離感やバランスが良くないし、そういうこともあってSHの位置取りが悪く中盤のサイドを使われる場面があったり、失点につながったような横に振られる形に対してのスライドがまだうまくいってませんが、回数を重ねれば詰まって行くでしょうし、イチが戻ってくれば4枚に戻して本来のサイドの使い方もできるので、そういう意味ではオプションとしての目処もある程度立っているんじゃないでしょうかね。もっとも、前線から中盤にかけての守備ではまだまだ連動して追い込むところまではいっていないし、かけどころ(場所、タイミング)についての共有ができていない感じだけど、これも重ねていくしかないので。

ともあれ、いい形で結果を出したし、もしかしたら1、0だった可能性のあるゲームで3取れた。このあたりの勝負強さが続けて出せるようになれば、必ずいいところまで行くだろうと感じております。

実践と修正の繰り返しだな。

信じて見続けるのみであります。

2012年3月5日月曜日

開幕しました。

負けました。

しかしながらよく盛り返したなという印象です。
2点取られた後にどうするか=やり方を変えるかどうか、という点に注目してましたが、
ベースの部分は変えずにやりぬいた。
後半途中から並びを変えて後ろを3枚にしたのは前に厚みを出す意図だと思いますが、
タッチライン際のワイドが前に張り出せたことで、結果として福岡のサイドを押し込めて、後半はペースを握れてた。

ただ前半が悪すぎましたね中盤が絞っているため本来はサイドバックがもっと高い位置まで押し上げないといけないのだけど、前半は立ち上がりから相手の激しいプレスに対して受けに回ってしまってる。そのため長いのを入れて陣地を回復しようにも、距離感が悪くて落下点付近に人がおらずセカンドが拾えないという展開。供給どころが低いから前の動き出しに対していいボールをつけられないし、おまけにショートレンジのパスであれだけミスを頻発していたらペースは握れない。

もうひとつはやっぱり狙う意識、の差でしょうか。
スタジアムでのビジョンではしっかり見直せなかったので帰ってから1失点目の映像を見ましたが、坂田の先制点に関しては、技術はもちろんだけど思い切って打つという判断の賜物でした。

崩してきれいに取るという、狙いを持った形からのゴールは素晴らしいんだけど、ああいう個の判断と技術と、そして気持ちで取るようなゴールが、上に行くチームにはやっぱりある。

それでも、やってること、やろうとしてることは、部分的、単発ではあったにせよ、ある程度出せたんじゃないかとは感じます。結果的には1点しか取れなかったけど、タケのゴールにつながった場面も右サイドのコンビネーションで突破しているし、前半は左からもいい形ができていた。

スーパーなFWはいないので、回数を増やして確率を上げるには繰り返して継続するだけ。

成果が出るまでには時間がかかります。
けど、それだけの価値のあること、だと思う。
続けなければ意味はない。


今日はそんなところです。