2012年2月17日金曜日

前回の

お仕事の続きで本日は戸島のお店へ。
ここは今年が開店38年目だそうです。

自分を顧みても、例えば子どもを連れて外食する場合、割と手軽なチェーン系のファミレスとか回転寿司とかをチョイスしてしまいがちだけど、きちんとした職人さんがやってる雰囲気のいい店に連れて行く事も大事なんではないかと最近特に感じますね(もちろんチェーンの店が悪いというわけではないですし、場合に寄っては子連れだとお断りもあるし)。

なんでかというと、まずは出てくるものがやっぱりしっかりしているということ。
次にそういう場の空気に触れさす事によって、店の雰囲気とか店の人とのやりとりとか、あとは誰と一緒に食べるのかとかね、そういうのも含めて、食べるという行為が成り立っていると知ること(当然料理を作る人、食材を作る人との関わりもあるし)。
それから、チェーンだと店のイメージとかカラーリングとかレイアウトとか、そういった要素は極端な話、九州でも関西でも四国でも大差ないけど、個店の場合はそれこそ様々で、そういう空間に身を置いた映像を記憶としてしっかり刻める可能性が高い、つまり思い出に残りやすいんじゃないかってこと。

実際、自分も子どもの頃に連れて行ってもらってた店の中で1件だけすごくよく覚えてるところがあります。今はもうないけどね。

そういう意味では今回のお仕事で行かせてもらった店は全部アタリでした。

落ち着いたら連れて行こうと思います。

2012年2月16日木曜日

本日の

業務は午前中に今季展望の仕上げ、
午後m誌の取材で2件、という流れでした。

2件目に伺ったのはもう30年近く営業している喫茶店でして、
実は汽車(今は電車になってますけど利用していた当時はあくまで汽車)で予備校に通っていた頃、車窓から毎日見えていた店でした。

まぁ代替わりといいますか、前オーナーさんから引き継いだ方がやってらっしゃるんですけども、雰囲気は昔のままあえて残してあるそうです(もちろん屋号も)。

料理もいろいろ豊富で食べてみたいのがたくさんあったし、
落ち着いて過ごせそうな感じなので今後ちょくちょく利用しそうです。

2012年2月14日火曜日

先週は

あまり調子良くなかったので、今週頑張ります。


さて、
ここまでゲームとしては5度見まして、高校生、大学生、JFL、J1、Kと、少しずつ相手のプレッシャーが早くきつくなってきてます。
当然そうなると、ひとつひとつの判断やコントロールのちょっとしたところでのズレがあった場合に、だんだん見逃してくれなくなってきますし、場所によっては失点に直結、あるいは得点のビッグチャンスを潰す、ということにつながっていきます。

ましてリーグ始まれば実際に勝負かかってきますので、そのあたりはプレシーズンだけでなくて通年で、またグループ云々というよりも個で常に高めていかないといけないかと思いますけれど。

でも、まぁ。
確かに良くなっていると思うし、共通の意識という部分においては少なくとも昨年までよりは有機的に動いている。
ただこれも拘泥してしまうとマイナスな面もあるので、状況判断も含めてゲーム慣れして、必要な場面で必要なチョイスをしながら、アイデアとかクリエイティビティのところで連携というかね、なんだろ、シンクロさせていくといいんじゃないかなと思っています。


では、また。