2012年1月29日日曜日

TMレポ

今季初のトレーニングマッチを見てきました。
相手が高校1、2年生中心のユースということで、かなりワンサイドな展開になりましたので、スコアは参考にならないでしょう。ただ、どうやってゲームを運ぶかという部分については多少見えたことがありました。

構成は30分×2本の2セットで、1本目のメンバーが現時点では開幕に近い感じなのかな。そこに2本目の選手と今日いなかった中から数名絡んでくるということになるでしょうか。そういうわけなのでメンツは詳しくは書けませんが、昨シーズンまでとは違うサッカーを志向しているというのは見ていてすぐに感じ取れました。

今週見た練習とこのTMの中でも意図されていたのは、ワイドに使うことと、ボールを動かすことの2点。
当然その先には、相手を動かしてギャップを衝く、崩すという本来の狙いがあるので、広く動かすことやつなぐこと自体が目的ではありません。もちろん、シーズンが始まれば、状況に応じた的確な判断に基づいて、その瞬間にベストなプレーを選択をしていくことが求められるわけで、必要に応じてゴールに直結するようなプレーをチョイスすべき場面も出てきます。しかしベースとして無意識にスムースに、蹴らずにポゼッションできるようにする、言わば身体で覚えるというか、習慣化するために、前述の2点を強調している段階ということで、ゲームでも闇雲にシュートを打ちに行くのではなく、あえて広く動かし、打てる状況を作る意図が感じられました。

もちろんフィジカル、スキル両面で間違いなく上回っている(上回っていなければならない)相手なので、そういうことは余裕を持ってできて当たり前、ではあるのですが、終わってから監督も話していましたけれど、「去年までだったら、いっぱいいっぱいだった」というのも確かだなという印象。その点、やはりキープできる選手が入った効果は大きく、高い位置でポイントが作れる事で両SBが上がりやすい状況、そしてそれを生かせる展開ができていたこともあって、チャンスも多く作れていたのだと思われます。

もちろん相手とのレベルの差もあるし、特に新加入の若い選手にとっては初のゲームでアピールしたいというモチベーションも高かっただろうし、いろんなことが作用した結果ではあります。それでも、前からの守備がハマっていて高い位置で取れていた、そこから前に運ぶにあたっても、高いモビリティを生かして長短のパスでボールを動かし相手を揺さぶるなど、共通認識をもった上で、やろうとしていることが始動から2週間弱である程度できた点は評価していいと思います。

で、課題として感じたのは以下の点。連携面は時間も必要なので省略。

・スコアが開いた後、目的がちょっとぼやけた
→たくさん点を取るのか、いろんなパターンで点を取るのか、いろんなパターンで崩すのか、その辺が大量点でちょっと曖昧な感じに。(もちろん点を取る事、が第一義ではなかったはずですが、若干そこに意識がいったようにも)

・⑧が下がってから大きな展開がなくなった
→守から攻の起点になってた彼が抜けて攻撃がやや停滞(直接のアシストなどはなかったけど、直接FK含めると5点に絡んでる)。この辺は、彼が下がった時簡帯に集中力や運動量が全体的に落ちた影響も考えられます

・ちょっとしたミス
→公式戦ならヤバい位置、状況でのミス、判断ミスなど、ユース相手だったから何も起きないものでも、こういうのが積み重なると割とシーズン終盤なんかに痛い目に遭うんじゃないか、という類のもの

・2本目と差があり過ぎ
→クオリティの面でちょっと開き過ぎ。仕方ない部分もあるし組み合わせによって改善はできると思うが、今日のできだとちょっと心配

といった感じです。

個人的な感覚としては、(2本目は別として)総じて悪くなかったのではという印象ですが、藤本選手のブログを読むと、より具体的に、選手の視点で課題について触れられています。この辺の表現力も含めてさすがだなという感じ。プレーを見ていても、スキル、状況判断、ゴールへの姿勢、コンディション等、あらゆる面で1ランクも2ランクも違うなという印象でした。

ここのギャップを高い方に会わせて埋める事ができれば、結構いいとこ行く。のではないかと感じます。
多少楽観的かもしれませんけれど、少なくともその可能性が見えた試合でした。


2012年1月23日月曜日

電車でのこと

先週の土曜、Jリーグのホームゲームでスタジアムグルメに出店している渡鹿の「かんしょや」さんのご長男の結婚式に行くため、久々に市電に乗った。

電車内も比較的込んで混んでいたので、私はつり革につかまりました。
おそらく降りる予定の停留所まで時間にして15分程度、立っててもたいしたことはありませぬ。ものすごーく疲れてたり、あるいはガッラガラだったら当然、座りますけどね。

さて、ある停留所で電車が止まり、乗客が数名降ります。
電車が走り出したところで、膝元をちょんちょん、とつつかれる感触。
「足を踏んだりしたかな」と思って視線を向けますと、私の前の席に座ったご老人が、隣にできた空席をポンポンとたたきながら、にっこり笑いかけていらっしゃる。
声は聞き取れません。でも、「座りなさい」とおっしゃっているのは間違いない。
その方の横には奥様とおぼしき女性が座っていて、そちらの隣も空いてました。

つまり私から見ると、

若 空 女 男 空
者 き 性 性 き

という状況。

こちらもにっこり笑って会釈を返しましたけれど、私よりも年配の乗客も近くに立っておられたので、ちょっと座りにくかった、というのもある。ちなみに声はかけてみたけれど、「次で降りるから」とおっしゃって、その方も座らない。

次の停留所でまた乗客が降りて車内に空席も増え、これなら良いだろという状況になったので、奥様の方の隣に座りました。

  こうなる
    ↓
若 私 女 男 空
者 め 性 性 き


そしてまた次の停留所。
ここで、私の右隣=ご夫妻から私を挟んだ方に座っていた青年が立ちまして、しかし運賃箱に料金を入れる直前、私の左に座っておられるご夫妻の方へ向き直りひとこと、
「ありがとうございます」と笑いながら述べて、降りていきました。

要はその彼も、隣のご夫妻に着席を促された、ということであるのでしょうね。

年配の方、身体の不自由な方、妊婦さんなどに席を譲るという行為は、
かつてに比べれば自然に、そして頻繁に目にするようにはなった気がします。

一方で若いうちは、譲ることが面倒だという思いもあって、空いていてもあえて座らない、なんてこともあるかもしれないけれど(私もそんな感覚があった時期もありますね)、やっぱ空いてるんだったら座った方が安全運行のためにはいいわけでね。

そう考えると、思いやりがありながらもそれを過剰に感じさせず、かつ全体のことを考慮しながらも押し付けがましくない、このご夫妻の自然な振る舞いは、単に年を重ねてきたからだけではなく、(勝手な想像ですけれど)洗練された感覚をお持ちのお2人だからできた行動だったのではないかと思います。

そして一方で、降りる際に感謝の気持ちを口に出して伝えるという、考えてみればごく自然な対応を見せた青年にもまた、同種のスマートさを感じるのであります。

こういうスマートさを身につけるのは非常に難しいし、言葉で教えるとなると意味の解釈の時点でズレが生じる可能性もあるから、感覚として体感してないとなかなか行動できるものではない。じゃあどうしたら身につくかと言えば、そんな悠長なことは言ってられない親や兄弟姉妹を除いて、親戚や友人や先輩、先生、上司(までならいいか)など、身近にそういった振る舞いができる人がいて、折に触れそうしたシーンを繰り返し目の当たりにして、無意識のうちに刷り込んでいくしかないですね。


脱線した。
とにかく、結婚式はもちろん、電車でのこの出来事も含めて良い“気”に触れる事ができた週末でした。

翌日は娘の机の組み立てや部屋の家具の配置換えを決行し、2時間ほどでしたが夕方は足の痛みも出ずにボールも蹴れて、充実した土曜、日曜でありました。

2012年1月16日月曜日

TR初日

今日から全体始動しました。
午前の部しか取材できませんでしたが、簡単にレポート。

9:30からのスケジュールになっていましたが、選手たちが出て来たのは10:30頃で、初日とあって長めのミーティングが行われたようです。

10:40 スタート。ジョギング
11:00 ジョギング終了
11:05 4班に分かれてペース走
    300m/65~70sec×5周×2セット
11:28 スパイクに履き替えてグリッド内での4対2
    2タッチ以下
11:40 ダウン
11:50 終了
(2月に入ると細かい内容は書けなくなると思いますが、こういう感じで記録しています)

雨が降ってかなり寒かったですが、皆元気に走っていました。内容はやはり軽めです。
メディアは地元TVはNHK含め全局、紙は熊日さんと(たぶん)西スポさん、熊日携帯、私、シティFMという感じ。サポーターは約50名といったところでした。

クンシク、高橋、ファビオが不在で、おそらく練習生と思われる170cmくらいの選手が1名いました。

囲みで聞いた監督の話によれば、シーズン始まりということで細かい事ではなく、大きなテーマというか、1年通じて求める決まり事を選手たちに話したそうです。
要点としては、
明るく/コミュニケーションを取って助け合う/否定の言葉を使わない
といったことを伝えたそうで、ポジティブに取り組むということがベースになりそう。

会見でも言われていた“BOX to BOX”というキーワードを踏まえると、相当な運動量が要求される事から、プレシーズンには就任1年目と同じようにかなりフィジカルに重点を置いた内容になると思われますが、人数が多くなくこの時期にケガ人を出さないためにも、今週は今までよりはやや軽めの内容で身体を作り、2週目から上げていく計画のようです。
〜的な建物、ずいぶんできてきました


2012年1月15日日曜日

新体制発表の感想です

昨日行われた、2012年シーズン新体制発表に行って来たのでその感想を。

会場は昨年に続いてホテル日航熊本で、ここで何回目になるかははっきり覚えていませんが(たぶん3回目でしょうかね)、昨日はサポーターの方が約130名、メディアはペン、スチール、ENGのスタッフなど合わせれば40名弱くらい。それにスポンサー席も用意されていたので、200~250名くらいの方がいたでしょうか、スペースはかなり広く用意されていました。

2004年の暮れ、現GMの池谷さんが監督として招聘された時の記者会見も、同じ日航ホテルで行われたと記憶してます。でもあの時はメディアも15人程度で、非常にガラーンとしていたことを思い出します。


曲折ありながらも前に進んで来たんだなということを改めて感じますね、8年目ですからね。

進行役を務めたKOVAさんと終わってから少し話しました。大津の球技場に千葉を迎えてTMをやった2年前=しゃべり始めた頃と比べれば、進行もしゃべりもずいぶんお上手になられたなという印象でしたが(最初にいきなり噛んでましたけど・笑)、それでもかなり緊張したということを言ってました。

KOVAさんがかように緊張したのも、華やかな雰囲気だけがそうさせたのではなくて、クラブの状況なども含めて今シーズン、本当に勝負に挑むんだという空気が、あの場で作られていたというか、会見が進むにつれて収斂していくというか、高まっていったからではないかなと思います。

私自身もあの空間にいて、なんか不思議な感じがした。
不思議といっても決して悪い種類のものではなくて、なんて言うんですかね、「信じるに足る」と思える空気を、どこかの瞬間でとらえたような感覚がある。はじめからそれがあったわけでもなく、あの場で時間が経つにつれて(といっても、ものの1時間程度ですが)、そういう空気が濃くなっていったというか。「信じるしかない」という方がいいかもしれないですね、ある種の覚悟というか。

それは、J's GOALに掲載されているコメントにもある通り、まず岡社長がクラブが苦しい状況である事を説明されたことが関係しているかもしれません。ただ、社長の発言の要旨は前日に熊日さんの記事に出ていたこと、さらにクラブ公式サイトの年頭挨拶でも触れておられたので、そのおかげで、というと変だけど、聞く側としても「気持ちの準備はできているぞ」といった感覚で話を聞けたと思います。

だけど、だからこそ、今シーズンのクラブスローガンとして掲げられた「ONE heart ~心をひとつに~」というフレーズに込められた思いや、その重要性が強く伝わったのではないかと思うわけです。

そのあたりのリリースのプランニングに関しては、おそらく意図的にプロデュースされているのだろうと推測します。

で、そうした厳しい状況を考えれば、補強自体は悪くないのではないか。悪くないというか、むしろいい。

監督が説明されたように、また終わってから池谷さんや統括の飯田さんにもうかがいましたが、当然守備に関しても課題はあるし、本音の部分では後ろももう少し取りたかったというところでしょう。だけどやっぱり、上がるには点が取れないと話にならない。
新加入の顔ぶれ見てもその意図は感じ取れるし、実際に監督の口から「点が取れるチームに」という言葉(とそこにむけてのアプローチの手法みたいなもの)を聞けたことは自分にとっては小さくなくて、今シーズン、トレーニングなどを見ていく上でのひとつの基準、目安になるなと考えています。

あと、先ほど少し触れた今季の「ONE heart ~心をひとつに~」というスローガンについてもう少し。

フレーズ自体は真新しくはなく、昨年の震災後からいろんなところで目にするようになった言葉です。ただ、この日の会見にはそうした意思を感じさせる演出や工夫がいくつもありました。以下列記。

1、(限られた人数ではありますが)サポーター参加※これは2度目
2、入口で選手(5、8、13、18)が迎え、レプユニ予約の案内チラシを配る
3、監督がスクリーン使ってデータ解説、それを元に目指す形をプレゼン
4、来場者からの質問を募集→抽選だけど最後に2つ採用して選手に質問
5、終了後は参加選手が握手して見送り
6、レプユニ先行予約したかたは選手と記念撮影
等々

濃いです。
14時に始まって15時半に終わりました。(コメント起こし苦慮しました)

そういう要素だけでなくて、全体的にもKOVAさんが笑いを交えて進めていたこと、それに藤本選手がほとんど「持ってく」くらい場の雰囲気を和ませ、そして同時に引き締めていたことなど、雰囲気にメリハリがあったことも非常に効果的で、一体感を高めながらも適度な緊張感をキープすることに成功していただろうなと感じました。

そういう意味では、130人と言わず、もっと多くの方に参加してもらうとか、そうなった場合に会場のコントロールなどが難しくなるのであれば、例えばUstreamを使ったライブ配信など含めて、多くの人に見てもらうことを検討する価値はじゅうぶんあると思います。やはり、一体感とか新シーズンに向けた意欲を醸成して、より多くの人で共有するという効果は、クローズドで行うよりも開いた状態でやる方が高くなることは間違いないのではないでしょうか。

メディアにいるいちライターとしては、大勢の皆さんの前でどんなことを聞くかという部分で質問力を問われる機会で、正直、昨日は質問しながら自分で何を聞きたかったのか混乱してしまったのですが、私も5年目、上がるにふさわしい仕事ができるように、いろいろ高めていかなければなと感じました。
(そういうこともあってこれを書いてます。どうだろう、規定的に)


明日からトレーニングが始まりますが、変化をしっかり見ていきたいと思います。

では。

2012年1月12日木曜日

2012始動。

遅くなりましたが2012年もよろしくお願いいたします。

4日より営業いたしております。

先月半ばから電話取材系の仕事があり、クリスマス、忘年会の時期、年末年始と、電話するのさえはばかられるような時期ではあったけど、どうにか山は越えた感じ。

その他単発のご依頼もいくつか受けているが、今週末に行われる新体制発表会見をもって2012年シーズンがスタートします。出遅れた感のあった強化の方も、万全とは言えないまでもある程度進んで来た様子で、もう少し動きがあるのかなと見ています。

とにかく今シーズンは上はプレーオフ、下は下手すりゃ降格という、今までにないレギュレーションになることもあって、移籍関係も非常に活発。もう、ほとんど全チーム、2011年版とは違うチームになってると言えそうな感じでしょう。そのなかでどう戦って行くのか、今までよりもしっかり深く、見て感じて伝えていけたらと思います。まぁ、いろいろと難しいところはありますが…。

さてそんなわけで、今シーズンの記録に使うノートを購入してきました。去年初めて使ったZEQUENZというところのノート「360°」を今季も導入。ただし去年は、A5判をセレクトしてしまって少し大きすぎた(何せ200枚=400ページもあるので厚い)のと、200枚あったにも関わらずシーズン終了前にラストのページまで行ってしまったので(これは使い方にも問題はあるんですが)、今シーズンはサイズをひと回り小さくし、その分2冊用意する事にしました。

(200枚=400ページ)×2冊=800ページである。
いろいろ逃さず拾い、今年は小出しにしていこうと思います。