2011年12月15日木曜日

確保。

例年、J's GOALのJ2ライターが集まっての「冬カンファレンス」という催しが大阪であります。
実態はまぁ、忘年会 兼 昇格チーム担当者激励会 兼 反省会というものではありますが。
私も参加させてもらうようになって4年。今年もご案内いただいたので、行く事にしました。

なぜ大阪であるのかというと、この時期、クラブユース選手権が大阪で行われていて、その取材もあって媒体のスタッフさんやライターが集まるからである。

まぁ、ライターの顔ぶれは毎回微妙に違いますけども、境遇の違うチーム担当者が一同に会して情報交換したり、シーズンを振り返ったり、あと、飲んだくれたりという機会もそうそうなく、加えて翌日に有志でフットサルやるのが恒例になっているため、開幕前のカンファレンスには行けなくてもこっちには行く、ということに最近はなっております私は。

で、だいたい、マイレージ使って特典航空券で飛ぶんですけども、
そもそも特典使って 実質タダ で乗る客に割り当てられている座席が少ないんでしょう、サイトから予約しようとしてもなかなかできない状態が続いておりました。
一般の予約状況はガッラガラなんだけどね。
AMC のサポートデスクに電話して聞いてみると、やはり特典用の席は限られているということと、旅行会社などのツアー向けに抑えられている席があり、ギリギリまで待って予約が埋まらない場合、搭乗予定日の2週間前に航空会社に戻され、そこから改めて特典用に振り分けられる、ということでした。

そこからこまめに空席状況チェック。
で、行きは空席ある!と思ったら翌日の帰りの便に空席がない、という状況が続いておったのですが、ようやく本日、希望の便を確保できた。
座席指定する段階で空席状況が出てきますが、見事にガラガラ空席はたっぷりありました。

慌てなくても良かったのだけど、あとで便も座席も変えられるので、飛ぶ日が決まっているのであればすぐにでも往復1区間で抑えなきゃということを遅ればせながら学んだのでした。

そんなわけで、毎年、伊丹空港からリムジンバスでなんばまでまで行く途中の光景などを目にすると、「あー、もう1年経ったんだな」ということが感じられるような、個人的には恒例の行事になっています。

去年はモヤモヤした状態だったけども、今年はやれるとこまでやって、スッキリした気持ちで行ければなと思っとります。

1週間きばろう。

ほな。

2011年12月9日金曜日

今週は

サッカーが終わって、なんとなく力が抜けたというか、なんか平板な一週間でした。

とは言え各誌・紙からご依頼の1年振り返りの原稿があり、昨年一昨年は結構バタバタして書いたので、ちょっと余裕を持って始め、今日締めの分を送って完了しました。

全てが右肩上がりというのはなかなかないもので、今年上がった3クラブ見ても、F東は別として鳥栖と札幌はそれぞれ昨シーズンは9位、13位と熊本より下。
だから可能性がある、なんていうと乱暴で、もちろん今年の結果に至る背景には相応のビジョンに基づいたプランがあったはずですけれど、とは言っても、やはり全く無理な話じゃない、のも事実で。

どこまで信じられるか、信じて貫けるか、ということではないかとも感じています。

まだ陣容が見えないし不確定要素があって展望はできないけれど、どっちにも転ぶ可能性はあるわけで、悪い方に転ばないよう、手綱をさばいてもらいたいなと思う。

さて、あっちの方は一段落した中、年末にかけてはいつもお世話になっているm誌の特集数件と、同社の最も大きい別冊の一部を年越しでお受けしたのでそちらをこなしつつ、明日のイベントをはじめ、馬関連のコネタの方をフォローするという流れ。

23日には恒例の大阪での冬カンファレンス、翌24日は未定ですがおそらく冬カンファレンスのアトラクションでフットサル、帰って翌25日は芝の上でフルのサッカーの予定(これは仕事込み、というか蹴るついでに撮って書くという感じですが)となっております。


ひと月ほど前から痛めている右の脹脛、痛みが引いたので今週蹴りに行ったら再発。
せめて23、25に間に合うよう、しっかりケアせねばと思っとります。


今日はそんなところです。

2011年12月5日月曜日

シーズン終了と

12月3日のサガン鳥栖との試合をもって、2011シーズンのJ2リーグ終了しました。

熊本の結果は、13勝12分13敗の勝ち点51の11位でした。

いろいろと課題はあると思いますし、来シーズンが上がって5年目ということもあって、
勝負かけるという方向性もあるのかもしれないけれど、個人的な希望としては、5年計画の最終年だからとムリに加速するのではなく、中期目標を見直してもいいのではないかという気はしています。

今日リリースが出ていたけれども、例えば高卒2年目とかの選手を切ってしまうのは、ちょっと理解しにくい。
もちろん本人の資質や取り組む姿勢に関してとか、いろんな判断の要素はあるにせよ、ですが。
しかも今年が初めてではなく、昨年も一昨年も、事情は違えど1年目2年目が辞めるというケースがあったわけで、アカデミーだけでなくトップでの指導も含めた、一貫性のある広義での育成、その土台になるクラブの中期ビジョンとか、あるいはフィロソフィの部分を、もっと強固にしていく必要があるのではないかと感じます。

まだ過渡期で全てがうまくいくわけではないにしても、選手1人1人の人生がかかっているわけで、だからこそ個人個人は真剣にやらなきゃいけないんだけど、高校を出たばかりの選手を採ってくる以上、メンタルのケアも含めてしっかり、じっくり、育てる責任があるんじゃないだろうか。
それができないなら、よほど使える素材じゃなければ高卒は採るべきじゃないと、思います。個人的には。


さて、先日一度退院した父がまた入院。
一度は自分で運転して帰ったのだが、次の検診に自ら運転して行く自信がないと、帰った翌日に再び入院してしまいました。

今日の昼間に子どももつれて様子を見に行ったのですが、薬の副作用などもあって食事が摂れないことが関係して、けっこう弱っているなぁという印象でした。今は薬を止めてるようなので、早いとこ体力も戻ればとは思いますが、まぁ病院にいるとやっぱり弱りますね。


で、病室を出て駐車場に戻るまで、子どもが腕にしがみつくような感じでくっついてきました。いつもは手をつなぐ程度で、最近は気分次第でつないでくれないケースもあるんですけども、じいちゃんの元気がない姿を見て、何か感じる事があったのかもしれません。
そういうのって、あんまり考えない幼い頃の方が敏感に察するのかもしれないですね。


寒くなってきました。