2011年11月30日水曜日

9年

日付がかわって今日は11月30日。
なんと9回目の結婚記念日です。つまり、丸9年が経って10年目に入りました、ということですね。

早かったと言えば早かったですけど、

正直…、よくもったなと。

そんなに、危機的な状況があったとか、冷えきっているとか、そんなことはないんですけども、まぁお互い飽きずにというか、とりあえず愛想尽かされることもなく、というか。
我慢したかといえばそういう感覚も特にないので、(そりゃもちろん、瞬間瞬間を切り取れば、そういう感情がわいてきた時はありましたが)わりかし、うまくやってきたんだろうなと思います。

厚労省の統計データによれば、平成21年は年間25万3,000件、2分05秒に1件の割合で離婚が発生しているそうですが、うちは無事でした。

しかしこういう表現の仕方は、いささか詭弁のような印象がありませんか。
つまり離婚が2分05秒に1件と聞くと、えーっ、そんなに!と、思っちゃいますし、自分の身の回りでイメージしてしまうと、とんでもねぇ!と、思ってしまいがち。

いや、件数を1年365日で割れば、そういう数字は出るでしょうから、事実に即しているわけで、「○分に1件」というのも誤りではないのかもしれませんけれども。

ところがこれは当然ながら、国全体のデータであるので、そんなにとんでもない数字ってわけでもないんですよね。

「○分に1件」という切り方が悪い。

先ほどの厚労省のデータには、離婚率も併記されておりましたが、ここを見ますと平成20年よりやや増加しているものの、率では2.01とある。人口千対と書いてあるので、1000人のうち2.01件となり、人口100万人で換算すれば年に2001件。1ヶ月になおすとだいたい166件、1日だと5.48件となり、つまりペースとしては262分=4.38時間に1件、ということになる。

そんなもんでしょう。

100万人換算でこうなので、10万人であればペースとしては1/10、1万人なら1/100、438時間=だいたい18.5日に1件というのが、実態であるわけです。

これを多いととるか少ないととるかはまた別ですが、「2分05秒に1件」と聞いて浮かぶイメージとは全然違ってくる。

だって婚姻数に至っては44秒に1件で、これだって、そう考えるととんでもない数字だけれど、同様に計算してみれば100万人単位でも1日15~16件ですから、そんなに次から次に婚姻届が出されているわけでもない。

社会学においては統計も重要なデータではあるけれど、解釈の仕方1つで印象がごろっと替わりますから要注意、という趣旨の事を、パオロ・マッツァリーノ氏はその著書『反社会学講座』『つっこみ力』等で述べています。

まぁ要は、何事もなく9年が経つというのは、
そんなに特別な事じゃないかな、ってことでした。


2011年11月22日火曜日

お久しぶりに

ずいぶんとほっぽっているうちに11月になり、今年もあと6週間ちょい、というところまで来ました。この間、何をやっていたかというと…、いろいろありました。


まぁ、前回のエントリは今月に入ってからではあるものの、なかなかまとまったことを書くには時間的にも精神的にも余裕がない、そんな2、3ヶ月であったような気がします。
いや、この前に長めのテキストを書いているのが嫁さんのばあちゃんが亡くなった6月ということは、5ヶ月くらいそういう状態だったということになるのか。

というほどバタバタしていたわけではないですけどね。

ちょっと振り返ってみますと。まず8月頃からは1冊情報誌系の編集のお仕事を受け、
それが10月いっぱいまでかかりました。


これは今年初めにやらせていただいた2誌と比べればかなりスムースに運んだ仕事ではあったけど、結構出だしが遅かったため時間的にはやはりタイトで、編集は向いてないのではないか…、とまでは思わないにしても、時間の管理、進行管理、企画、といった部分に関しては、やはり未だに甘さなり弱さがあるということを再認識したものです。

ただ、2年前に同じテーマで作ったものの改訂というスタイルだったこともあり、何となくではあるけれど進行に関しては感覚が残っていたし、前回の反省も生かしつつ、改訂という面ではそれに適ったものを作れたかなという気はします。

んで、方やこの間、身内が立て続けに入院、手術という出来事がありました。
身内、というか、自分の親と娘です。

子どもの入院手術は前もってやらなきゃいけないことが決まっている手術でしたが、親父の方は急に分かって決まった事だったのでちょっと慌てました。

幸い両人とも手術はうまくいき、既に退院しました。(親父は今週から再び治療のため入院していますが)


と、仕事と個人的な事で結構大きな出来事が重なった中、仕事の中で約半分の割合を占めている現場の方でもちょっとした、いやけっこうなことがあってまいったりしまして。

そういうのがいろいろと絡んでちょっと精神的にもダウンだったのですが、なんとか今年も残り僅かのところまで来たと思うと、わりと感慨深いというか、よく耐えたなぁという気がしないでもありません。

これからもしかすると、ちょっと大きい山がこの2週間くらいの間にあるんじゃないかなという感じはしますが。

さて、明日は全国高校サッカー選手権大会の熊本県予選決勝へ取材に行く予定。

若者たちのプレーから元気をもらってきます。